×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





プロフィール



幸田有哉
5才よりチェロを始める。
桐朋女子高等学校音楽科(共学)及び桐朋学園大学カレッジディプロムコース修了。
ドイツに留学し、アウグスブルク音楽大学を経て、
ベルリン藝術大学及び同大学院卒業。
第10回イタリア・アルジェント国際コンクール第2位入賞。
第3回ポーランド・ドホミレツキ国際ソロチェロコンクールセミファイナリスト。
サイトウキネン「若い人のための室内楽勉強会」、小澤征爾音楽塾などに参加。
ドイツ・コレルリ室内オーケストラとヴィヴァルディの2台のチェロ協奏曲を共演。
ドイツ・ディプロム及びドイツ国家演奏家資格取得。
チェロを毛利伯郎、マルクス・ワーグナー、マルクス・ニコシュに師事。
ダヴィド・ゲリンガス、トゥルス・スヴァーネ、
マーティン・ルーアのマスターコースを受講。
室内楽をリディア・ドゥブルスカヤ、マルクス・ベッカー、クシシトフ・ヴェグジン、
パスカル・ドヴァイヨン、ハイメ・ミュラー、エカルト・ルンゲに師事。
2009年に日本に帰国。
2010年から名古屋フィルハーモニー交響楽団チェロ奏者として活躍中。


戻る